離婚したから婚活する

アラサー バツイチ ハナクソの婚活記

三瓶さん11

ハナクソです。

集まりで、遠い親戚に「子どもは出来たんだっけ?」と聞かれました。

 

子どもどころか旦那がいませぇん(←ヒロシで言って下さい)

 

 

 

三瓶さんです

因みに、顔を合わせて~から今まで、(多分)相手も私もまだ緊張しておりました。

 

 

 

着席してからは婚活っぽい、どんな生活をしているかとか、出生とか兄弟とか、ふんわりと、もしもの今後の事とかを話しました。

いや今日会ったばかりなのに、こんな事話さなきゃいけないなんて凄いわ・・。

 

お互いそのつもりだから、延長線上にあるからこうして会ってそんな話をしているわけですが、やっぱり違和感はあります。

きっと婚活してる人はこの感じ分かってくれるハズ~。

 

 

えっ違和感あるならこんな形で出会わなければいいって?

●「こんな形」以外に出会い方がない

●条件から入っているわけだからトキメキがほぼ無い事なんて承知の上 むしろ条件も顔も素敵な人ってリアル界でも少ないのに婚活界に回ってくるの?

 

・・なにこれ言わせないで。

 

 

そう!婚活してる人は大体分かってる!分かってる!!

だから文字に起こす気は毛頭ない!!!!!!!

ハートの、お尻でいうと穴のとこからちょっと亀裂入っちゃうから!

 

でもこの世界の中から幸せを探す作業に一片の悔い無しだよ!!!ほんとだよほんと!!!ほんと!!!!!!!結果良ければ全て良しだから!!!ほんとだよ!ほんとほんと!!ほんとにほんと!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうだから!!!!ほんとう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三瓶さんです(2回目)

 

三瓶さんは転勤なし・酒タバコギャンブルしない・家事料理好き・お金かかりそうな趣味無さそう。といった感じで難なんて全然無い、そりゃもう素敵な人でした。

 

平和に穏やかに暮らせそうだ~。

 

なんかもう、本当いい方でした。

むしろ私で良いんですか?という感じで。

 

 

しかし、話が止まる事がしばしばありまして。

ハナクソは常に緊張しておりまして、めちゃくちゃ口数少なかったんですよ。

そして三瓶さんが頭の中で必死にネタを考えて先に口を開いてくれる事が多かったのですが、その一つに「子どもには〇〇してあげたい」みたいなお話をされたんですね。

 

この時、「どちらでも良いと思う」と私に良い意味でのメッセージをくれていた三瓶さんですが、「基本欲しい」んだなと気付きました。

気付くも何も子孫繫栄なんて本能なんだから当たり前なんですけどね。

この時は気付きを得た風の意味合いでハッとしました。

 

これ、三瓶さんに限らなかったんですが、ハナクソは前の結婚で子ども出来なかったよーって公言してるのに、それでもアポを取ってくるのはなぜなんでしょうね?

仮にハナクソが男だったら、少しでも子どもが欲しいのなら子ども出来ないかもしれない女の人には声かけないと思うんですよ。・・・そこまで切羽詰まってたの??

 

どこかで「男の人は根本的に自分の将来を楽観的に考える」ってあったんだけど、やっぱその意識が大きいのかしら??

20代で子ども出来なかった30才の女に「今からでも余裕っしょ」くらいの感覚だったのかしら??

今までハナクソに会ってくれた婚活メンズを集めてそこについて聞きたいくらい気になる。

 

 

 

今日の三瓶さんについてまとめると、とりあえずとても良い方だったんです。

もう好感触すぎて不満なんて無かったんです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村